愛犬のアウトドアや外遊び嫌いから克服させた方法

我が家には小型犬2頭と中型犬2頭の愛犬達はみんなアウトドア・アクティビティが大好き!

でも、じつは愛犬達全員が最初から好きだったわけではなく、少し時間がかかりました。

インスタグラムなどで愛犬とアウトドアを楽しむ写真をアップしていると、とても反響が良いんです。そして、たまに愛犬が外で遊びたがらないと相談されることもあります。

もしも、愛犬が遊びたがらないとお悩みなら、ぜひ参考にしていただきたいです。

我が家がやってきた方法をご説明いたします。

 

広告

犬と楽しむアウトドアとは?

愛犬と楽しめる「アウトドア・アクティビティ」には色々あります。

例えば公演でピクニックでもアウトドアになります。

ですが、やはりそれだけでは物足りなくなり、体を動かしながら山や海で自然と一体になってリフレッシュするのが目的になります。愛犬も慣れてくるとお出かけが楽しみになり、ストレスによる免疫力が高くなり病気やアンチエイジングにも繋がります。

ワンちゃんにとっては短い犬生!いろんな経験をして欲しい。

 

環境に慣れさせるため、愛犬を自由にさせる!

 

例えば目隠しされて初めて行く土地へ連れていかれ、そこでパッと目隠しを外されたら、頭の整理をするのに時間がかかりますよね。

それは愛犬達にとっても同じで、車で移動し初めてみる海岸で「さぁー!海だよ!」と言われてもフリーズする事が多いです。

さらに、早くいくよ!とリードを引っ張ろうとすると大体は拒絶します。そこで飼い主さんは「うちの愛犬は海岸があまり好きじゃないんだ」と思ってしまう場合が多いです。

BUT!ちょっと待ってください!

実は我が家もそうでした。

とても好奇心旺盛なワンちゃんなら良いのですが、まずは自由にクンクンさせるなど、見守るように頭の整理をさせるようにしましょう。

我が家の愛犬達も当初は自ら水に入ろうとしませんでしたが、見守る様に自由にしてあげていくうちに自ら入る様に!

もちろん、諦めずに何度か同じ場所へ連れて行きました。

 

ぼくたちに少し時間をくれるだけでいいんだよ

飼い主が楽しむ事がカギ!

 

 

アウトドア遊びのベテランになった我が家の愛犬達は、外が見えなくても音と匂いだけで場所がバレてしまうほどに。楽しい場所は本当によく覚えています。

楽しい場所は、やはり飼い主さんも楽しいと思う様な場所なので、ハイキングが好きな飼い主さんなら愛犬も好きになります。

飼い主さんにとって新しいチャレンジでも、楽しむと愛犬にも伝わります。

もしレトリーブなどで愛犬とのコミュニケーションが取れているなら、おもちゃやフライングディスクなど持ち歩く事をおすすめします。早道になります。

 

君たちもオモチャが好きなら、すぐに遊べるよ!

 

どこに連れていけばいい?

 

まずはベテランに聞く!

雪遊びなら雪が積もるドッグラン、また水遊びならドッグプールで練習する方法もありますが、犬同士のトラブルも少なからずあります。

また、他のワンちゃんがいると犬同士で遊んでしまう場合が多いのもネックです。犬を自由にでき、迷子などの心配がないドッグランも確かに魅力です。ですが、まずは飼い主さんに集中してくれないと、練習にもなりませんし楽しめなくなるので、おすすめしません。

また、ドッグラン無い地域があるので、その場合でもSNSで検索することをおすすめします。ネットにある情報も確かにありますが、ベテランさんにとって良い場所は、あまり広めたくないものなので口コミで伝わる事が多いのです。

おすすめが、インスタグラムです。

ハッシュタグを上手に利用して検索してみましょう。

2019年版おすすめハッシュタグは

#キャンプ犬
#犬連れキャンプ
#川遊び
#デイキャンプ

 

まとめ

 

多頭飼いの場合はどうしても、気分が乗らないワンちゃんもいるかもしれません。そんな愛犬には特別なトリーツなど持参し、テンションをあげてみるのもおすすめです。

テンションを上げすぎるのも良く無いですが、テンション上げのコツを掴めばきっと愛犬も楽しむ近道になると思います。

愛犬と楽しいアウトドアライフになりますように!

にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

広告