[アフターコロナ]キャンピングカーで旅スタイルを考える

新型コロナの感染が拡大した事により、我が家の様にキャンピングカーで毎週末プチ旅行を楽しむ家族や、バンライフなどで自由に各地移動しながらフリーランスをしている方などにとって生活が180度変わったと思います。我が家もそうでした。

「外出自粛」が続く中、圏外や海外からの旅行者に対して不安が大きく、さらに他県ナンバーへ嫌がらせをする「自粛警備」と言う言葉もSNSで広がる様になりました。

でも、一時期の不安から最近は変化を感じる様になりました。

 

広告

県民オンリーのキャンプ場やRVパーク

オープンすらしていないキャンプ場も多いですが、今月(6月)いっぱいまで他県からの予約を受け付けていないキャンプ場やRVパークが多い様です。なので、県内のキャンプ場の予約が取りやすいのでチャンスです。

またここ静岡県では他県ナンバーのキャンピングカーを多く見かける様になりました。確かに5月中は市内でキャンピングカーで移動する時はナンバーをガッチリ見られていました。しかし、6月に入ってからは見られる事もなくなり、コロナ前に戻ってきています。

またテクアウトが充実したことにより、車内で食事を楽しむ方も多いので、飲食店などの駐車場でキャンピングカーを見かける様になりましたが、それも自然に感じてきている。もしかしたら理解される様になったのかもしれない。

とにかくテイクアウト、テラス席が増えれば愛犬と旅をしている家族にとっても嬉しい環境ですよね。

車中泊はどうなるか?

アフターコロナについて専門家の意見を色々と調べていくうちに、旅行関係の方々はそれほど不安に感じていないのもわかりました。旅行者は海外から国内旅行にシフトで解決していく考え方が多い。

確かに海外からの観光客相手にしている事業者はピンチだと思いますが、それを日本人へシフトすれば良い。そうなればキャンピングカー愛好家にとっては嬉しい。

例えば、千葉県では海水浴場は閉鎖するが駐車場はオープンする様ですので、今年に限ってでは思いますが車中泊場所に困らないと思っています。

また、RVパークなども増えるのではと期待しています。

(Visited 39 times, 1 visits today)
広告