愛犬がキャンプ好きになる犬用BBQレシピ5選!

犬連れOKオートキャンプ場も増えていますが、その中でも最近はオフシーズン限定ですがデイキャンプも可能なキャンプ場も増えています。

犬連れキャンパーが増えているのも嬉しいです。

ここで愛犬達にもBBQを楽しめる食材をご紹介!

BBQの食材って味がついてい流ものはNGなのと、チョコレートやネギ類など食べさせられない物も多いです。

そこで手軽に愛犬に食べさせれるBBQ食材をご紹介します、是非参考にしてください。

広告

[adchord]

やきとり

もちろんネギを使ったネギま調味料などで味付けされていないやきとりを用意してください。

事前に作ることもできますが、我が家の場合は多頭飼いなので本数が必要。そこで業務スーパーの登場!私達は大量に味付けされて無いやきとりを購入します。飼い主用は焼き鳥のタレや塩をふりかけて食べます。

もちろん串付きなの焼きやすく、既に一口サイズになっているので切る必要も無く手も汚れません!愛犬用に焼くときは綺麗な網が良いので一番はじめに焼く様にしましょう。

 

広告

芋類

特に安納芋がおすすめ。数年前まで珍しい品種でしたが最近は人気も高いことから沢山生産される様になりました。アルミホイルに包み、網の上ではなく炭がある近くに放り込むだけ。なので簡単!火が通るまで結構時間がかかるので出来るだけ細くて小さいのが良いです。

与え過ぎはお通じがよくな理すぎるのでご注意。

 

ラム肉

どんなラム肉でも良いのですが、我が家の場合は冷凍食品コーナーで見かける冷凍薄切りラム肉を購入しています。焼く頃にはほどよく解凍され夏場など暑い日での安心感があります。

また牛肉や豚肉でも良いのですが、人にもダイエット効果があり栄養値が高いことでも知られているラム肉ですよね。もちろん犬達にも同じ効果が期待できます。よりヘルシー、更に手軽にスーパーで購入出来ることから我が家はなるべく赤肉はラム肉にしています。

BBQにすると香りも良いみたいですよ。食べた後でもずっとお皿を舐めています!

 

広告

燻製チーズや鶏ささみ

チーズにする場合は塩分が少ないプロセスチーズで、鶏ささみの場合は生のままで燻製します。愛犬達も燻製の香りが良い様で目の色変えて離れません!

是非作るときは多めに、そして翌日のおやつ用にフリーザーバッグで保存できるのでお試しください。

 

生のキャベツ

キャベジンという胃薬がある様に、キャベツには胃腸を整える健康成分が!以前BBQした後に雑草を食べている愛犬からヒントを得て、キャベツの芯の部分を与えてみると喜んで食べました。

我が家の愛犬達はよく噛むのでザク切りにしたキャベツをそのまま与えていますが、丸呑みするワンちゃんにはキャベツの葉を丸ごと巻く様に手でしっかり握り愛犬に噛ませて見ましょう。与えすぎには注意です。

 

ワンポイントアドバイス

我が家はまずBBQを開始するときは愛犬用のお肉などから焼く様にしています。途中から焼く場合は鉄板の代わりになる専用のアルミホイールもありますので別々に焼くことができるので便利です。これで愛犬もBBQ好きになること間違いなし!ぜひお試しください。

(Visited 81 times, 1 visits today)
広告