公開日: view raw

ふじのくにキャンピングカーショー 2018 エコパ [潜入レポート]

ふじのくにキャンピングカーショー 2018 エコパ [潜入レポート]

6月16〜17日の2日間開催された「ふじのくにキャンピングカーショー 2018 エコパ」へ行ってきました! 我が家は16日の土曜に行きましたが、スタッフさんが雨がぱらついていたのにも関わらず昨年より来場者数が多いと話していました。翌日は天気も良かったので大盛況だったと思います。1頭につき100円ですがワンちゃん同伴もOKです。それでは行ってみましょう!

 

ふじのくにキャンピングカーショーとは?

静岡県袋井市にある小笠山総合運動公園 ECOPA(エコパ)で開催された最新キャンピングカーや中古車が展示され、アウトドアの関連商品なども販売されています。出店も多いので静岡のご当地グルメなども楽しむことができます、もちろんキャンピングカーなどには実際に車内に入って見る事もできます。特にふじのくにキャンピングカーショーは野外で開催なのでキャンピングカーに入って見て耐暑性などもチェックする事が出来るのでおすすめです。

 

ナッツRVが新モデル「Evolite」を発表!

早速スタッフさんに話しを聞くことができました。

ナッツRVのキャブコンには大きく3種類あります。ボンゴベースの「マッシュ」、オプションを自由につけられる「クレソン」、標準装備が充実した「クレア」というラインナップ。その中で今一番売れていると言われている「クレア・エボリューション」がありますが、今回の新モデルは「クレソン・エボライト」です。エボリューションのEVOにLiteと付けられているのでエボリューションと似たシステムかと思ったのですが、全く別物でした。

本来、居住スペースにはリアが無いので、夏場では運転席側のエアコンのみになってしまいます。家庭エアコンなど取り付けても走行中は電源を付けられなかったのですが、EVOシステムが導入されたキャブコンなら走行中もエアコンを付けることもでき、しかもアイドリングですらサブバッテリーへ高速充電されるという優れものです。一方、このEVOLITEでも走行中にエアコンが使えるのですが、充電は本来とあまり変わらないということです。アイドリングで充電するのも10時間以上かかるということです。

値段設定はクレソンとクレアの間という感じでした、普段はキャンプ場やRVパークで寝泊まりし、移動中はペットの待機や人数が多い場合は居住スペースで座ることになるので、夏場のことを考えるとエアコンを付けたい・・・という家庭向きです。1年中どこでも車中泊する家族には少々奮発してでもエボリューションがいいと思いました。

 

人集りができていたのは?

 

中でも一番人が集まっていたのがヨコハマモーターセールスの「レガード・ネオ」でした。感覚が麻痺してきますが、確かに全体的に比べて価格も抑え気味にも感じる。中がとても広く感じるのも魅力だと感じました。

 

折りたたみ電動バイク「Cute-mL」

 

折りたためるて公道も走れる電動バイクCute-mLも人集りができていました。かなりコンパクトになるのでバンコンでも運ぶことができそうですね。ネットで写真を見るよりも小さく見えましたよ。定価144,000円(税込)です。ちょっと欲しくなってしまったよ。

 

思いのほか楽しめた

 

やはりキャンピングカーが進化しているので、見ているだけでも楽しめました。会場には沢山のワンちゃんに会うこともでき、OUT DOGを益々盛り上げて行かなければと思ったイベントでした。

 

今後のワンちゃんと一緒に参加できるキャンピングカーイベントには、

6月23日〜24日 石川県で開催される「キャンピングカーフェスティバルin 北陸2018

7月21日~22日 東京で開催される「東京キャンピングカーショー2018」などがあります。